融資審査のときにウソついたらバレますか?

キャッシング審査の申し込みのときにウソをつくと…?

 

当たり前のことですが、消費者金融のキャッシングや銀行系カードローンなどの融資商品というのは、審査に通過しなければ借り入れすることは出来ません。

 

消費者金融は一昔前までサラ金と呼ばれていたことがあり、審査が甘いというイメージがありますが、決してそんなことはなく、どこの消費者金融も厳しい念入りな審査を行っています。

 

この審査の厳しさから、「どうしても借り入れがしたいから申込書にウソの申告をしちゃおう」と考える人もいらっしゃるかもしれません。

 

例えば3社からお金を借りているのに1社としたり、合計借入額が80万円なのに30万円と偽ったりなどです。

 

実際にそのようなウソの申告をしている人が多いようですが、残念ながら時間の無駄です。

 

貸金業者というのは、審査時に個人信用情報機関に登録されている情報を参照し、過去の返済状況や現在の借入金額などもすぐにバレてしまいます。

 

それだけではなく、消費者金融間で情報を共有しており、いつ申し込みをしたのか、その申し込み時の職場や年収額、そして審査結果など全てを確認しているのです。

 

つまり嘘の申告は必ずバレるので、正しい情報を提示するようにしてください。

 

せっかく審査基準をパスしていたとしても、一つでも嘘が発覚することで「信頼性が無い」と判断され、融資を断られてしまうこともあります。

 

審査時の情報申告は注意するようにしましょう。


関連ページ

即日で融資可能な金融業者はどこ?その手順は?
当日その日にお金を借りれる消費者金融や銀行系カードローンについてご紹介!キャッシングする際に必要な書類や条件・注意点モ詳しくまとめてみました!